絵画の道が出来るまで




絵の上手い子がいたんだ。美大生なんだけど。
その子から、「一回、描いてみて」と言われた。
当然ながら断ったけど、しつこく言うもんだから、遊び半分で描いてみた。

エウレカ(エウレカセブン)のフィギュアを描くが描けない。

「同じの描いてみてよ」と言って描いてもらったんだけど、真正面からの絵でも、横はどうなってるのかとか被写体をグルグル周りながら描くんだよね。
これは、俺が撮影する時も同じで、「へぇ、描かない所も見るのか」と関心し、撮影とは理由が違うかもしれないと思って聞いたんだけど、理由は違ったね。
(撮影の理由は、背景、構図も含めてどこがベストか決める為)

説明しづらいんだけど、「両目で見る錯覚なくしたり、思い込みをなくす」とかそんな風な事を言っていた。
余談だけど「ただの模写(スーパーリアルも)は、美大1年で卒業(5時間素描)しないと失笑される」とかも言ってたな。俺はプロになる気はないので描き続けるけど。

角度を変えつつ、また描き始めたんだけど無理。そりゃ、絵を始めて数十分後だもん。しかも俺は飽き性だ。オリジナルな方向に行ってしまった。

それが、彼女の何かに触れたのか、「すごい個性だよ。絵を絶対やめないで」と言われた。これって昔、プロのカメラマンにも言われた事だった。

自身、変な事を考えて実行に移す癖はあるが、作品に対して個性を求めたりしていないし、逆に一般大衆の一部に過ぎないような作風に徹しているつもりなのだ。それを友達にいうと、「隠せるレベルの変態じゃないもん」だって。

いや、隠せるしw

2012.10.11

てことで、これが学校とは無関係に最初に描いた絵。

捨てたかったんだけど、「描いた絵は全て取っておいて。役に立つから」と言われて、全て取ってある。破きたくなった時も我慢して。

それから何枚か描いて、「描き方」が分かってきた気がしてきた。
(個性を潰したくないとの理由で、デッサン教えてくれないの)

2012.11.25

ボケや陰影の描き方も良く分からなかったけど、なんとか描けた気がする一枚

日付を見てもらえればわかると思うけど、一ヶ月だよ。飽き性だから殆ど描いてない。ただ、コツを見つけた。「鉛筆を簡単に削れる動画」をYoutubeにあげていて、そこでも言ってるけれど、算数が出来るなら誰でもかける。

根気と集中力のある人なら、巷で騒がれている模写やっている人くらいには数ヶ月でなれると言い切れる。

そういえば、顔以外の風景やらで何回か賞はもらった事がある。
「なぜ、顔は描けないんだ?」という疑問から導き出された方法だったのかな。

でもまぁ、あらゆる芸術の技法というのは秘伝というのが暗黙の了解なのでね。

秘伝料?Youtubeの動画再生数、100万超えたら動画アップしまーすww

では、最後にその動画を

デッサン&記事:Tatsuya

Artist Painter : Tatsuya

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です