Nikon D700のオーバーホール受付が終了したね

僕は、NikonD80→D700→D810と使ってきた。

一番、思い出が詰まっているのがNikon D700

Nikon初のフルサイズカメラ&高感度の素晴らしさに魅了され発表前から欲しくて欲しくてたまらなかった。
発売日前日に買うことが出来て、その日からワクワク感が止まらなかった。
色んなモデルさんを撮ったし、スナップも沢山撮った。
風景は根気がいるから得意じゃなくっって富士山くらいかな。
初めて富士山撮影に行った時の大切な思い出があるんだけど、それはまた別の機会に…

仕事でも使っていて、ショー撮影だけで10万回以上シャッターを切ったと思う。三脚が倒れて接点リングが曲がったり、清掃中、Cmosを傷つけて修理にだしたり…

そんな思い入れがあるからオーバーホールに出すことにした。
去年、Nikonプラザに行った際、接点リングの不調で修理を依頼したら、「今、修理に出すと3万以上かかるのオーバーホール(4万程)として出した方がいいですよ。受付は秋くらいまでやっているけれど、混雑して受付が前倒しになるから、夏に出して下さい」と言われて、7月くらいに出そうと思ったんだけど、この前(2017年2月末)ネットで「オーバーホールの受付が終わった」という情報が…

焦る気持ちで、事の経緯を話したら「オーバーホールとして受け付けます」との事。さすがNikon。前々から臨機応変に対応してくれて、本当にNikon派で良かったなと思う。

1200万画素じゃ足りない事もしばしばだし、暗部のノイズもあまり良くないし、Youtubeが主流になった今、動画機能もないNikon D700で出番が極端に減ったけど、思い入れもあるし魂がこもっている。

オーバーホールには4万3千円かかる訳だけど、例え出番がなくなっても修理に出す。

もう今や、Nikon D700は評価に値いする価値がないって人が大勢いるだろうけれど、僕は大いに評価する。Nikonの渾身の1機。話によると、Nikon D5並の力の入れようだったとか。だから、Nikonの社員の前でNikon D700をバカにすると、心の中で「にわかが来たよ」って笑われるかもよ。

そう言えば、とあるステマ業者をやっている人に「Nikon D700で、よくプロやってるなぁ」って陰口叩かれたっけ。新宿のブライダル専門写真館で使っているカメラを見てみろよって言いたいけどね。まぁ、ブランドを気にする人に言った所で、言っても無駄だけど。このブログが荒れたら、本名晒すよ。
ちなみにステマ業者として、国と警察には告発済。捕まらない内に足を洗った方がいいよ。関係者まで逮捕されると思う。

温厚そうにみえて、とことん戦う性格なのなのだよ。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です