撮影の参考に買った本が「エロ本」と言われてしまった

既存テーマである「戦いと日常」の撮影とVR動画制作の為の資料として、この「瞬殺アクションポーズ01」を購入した訳だが、「エロ本みたい」と言われて、客観的に見たらエロ本に見えてきた。
中身もスカートの中が丸見えだし。

空手を10年近くやっていて、黒帯の自分が思うに、このモデルは凄い。
フォームが綺麗で格闘センスがある。撮影等には必要不可欠な本になり得るなと思った。

ただ、これを見てデッサンをしようと思っている人は、買うのを考え直した方がいい。
まず、スカートの黒つぶれが多くてイライラするかも。
(暗部を持ち上げればいいものを…)
あと、元画像を一旦縮小してjpegに圧縮した後、拡大したらしき写真がちらほら。
ボケていてデッサンするテンションが下がると思う。

カメラマンは、それなりの人が撮ったんだと思う。ただ、編集者が残念。
ボケているのはカメラマンが悪いんじゃなくて、編集者が悪いという事を理解して頂きたい。

記事:Tatsuya

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です