猫のLineスタンプ「にゃん娘の気持ち」が完成した!

2chのまとめサイトを見ていて、スタンプ作っている人をみかけたのがきっかけ。
読んだ限り、「楽に作れそう」と思い、「自分が使いたいスタンプ」を考える事に。(作るに従って、決して楽ではない事に気付く…)

自分が使いたいスタンプと言っても、気に入ったスタンプが既にあるので、それを補うというか、「これもあったら良かったのに」といったスタンプを作ることにした。

この時点で、収入は売上の5%くらいかななんて思っていた。Line Liveもやっているんだけど、そこでリスナーから35%もらえると教えてもらってビックリ。でも、だからといって「売れるスタンプを作る」事に舵を切る事はなかった。
あくまで自分のため。自分のためだから手抜きしないw

作成方法は、画用紙に40枚のラフ画→SAIというペイントソフトでペン入れ+色塗り→Photoshopで塗りこぼしとか文字入れの最終調整

日数にして、ラフ画まで2日。そこから2週間ちょっと(寝る間を惜しんでの過酷な2週間ね)で完成後、すぐに申請(申請待ち)
4日後、マイページ内の表示が申請中に切り替わり、次は許可かリジェクト(手直し)の連絡待ち。
そして翌日の日曜日、リジェクトされる事もなく承認された!!
(申請から承認まで、土日含めて1週間かからなかった)

↓下記から他の画像&購入出来ます。プレゼントもおすすめ

※「にゃん娘の気持ち」は、「にゃんこのきもち」と読みます。大人から子供まで日常会話で気軽に使えそうな言葉を、かわいい猫のイラストで表現してみました。

個人的にはリジェクトされる確率は大いにあって、理由は下記の2つの問題。

■「余白の確保をしていない」
通常、全ての画像は4方に10pxの余白を空ける必要があるんだけど、今回のスタンプは下部が削除されても、体の部分をなるべく入れたかったから、下部だけ余白無視した。申請時の備考欄には、その旨書いておいた。

■髪型を黒電話にして、「電話していい?」にした。これは、かの有名な方を連想するであろう事は分かっていた…シャレですまないかもしれんと思い、韓国と北朝鮮だけ販売エリアから外した。

結果、すぐに承認されたんでLineは、それほど神経質でもないのかなと、ホッとした。

自分が使いたいが為に作ったんだけど、みんなにも使って欲しいので宜しくお願いします。話題につまった時とか、相手をからかって遊ぶ時とかに重宝するかと思います。

記事:Tatsuya

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です