トイカメラ『HOLGA』で二重露光

運動会のカメラマン役を仰せつかった時に、傍らHOLGAで遊んでいた

HOLGAは楽しい。フィルムっていうだけでも、ちゃんと写真が撮れているかどうかも分からないのにピントあまあまのトイカメラ。ちゃんと撮れれている訳がない前提で「見られる写真かな?」と心配にもなる

現像代も高いしね

そんなうちのHOLGA。なんとフラッグシップモデルの「HOLGA 120GCFN」なのだ

4色のカラーフィルター内蔵フラッシュが付いているだけなんだけど、それでもフラッグシップモデル!
フラッシュの電池を入れ替える場所がフィルムの裏にあるので、フィルムを使い終わらないと電池の入れ替えが出来ないのが大きなデメリットだったりする

今回は、フラッグシップモデルだからこそ備わっているフラッシュは使わずに多重露光をしてみた。撮影中~現像から戻ってくるまでは、もうどんな写真が出来るか分からない状況で一番の楽しみな時間といっていいね

出来上がった写真は、記事トップに掲載している写真だ

どこか大正~昭和の風景を思わせる写真に仕上がった

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク




こちらも読まれています