自作CANONマウントHolgaレンズの作例

CANONのレンズキャップに穴をあけ、Holgaからレンズ(プラスチック)とその周りの部品を取り外してつけたものが『自作CANONマウントHolgaレンズ』になる

正真正銘のHolgaレンズだ

このレンズ、欠点といえばレンズが本体にカチッとはまらないのでピント調節の時にレンズがカメラから取れそうになるので『レンズキャップ』を押さえてピントリングを回さないといけないところ。致命的ではある

新宿で試写を行なった。東京モード学園を撮影したのだが、周りが少し流れているとはいえプラスチックレンズとは思えない綺麗な描写になってしまった。古めかしく撮れるかなと思っていたのに…

次は、新宿ゴールデン街だ。
こちらは狙い通りに近い写真に仕上がった。被写体が近い方がHolgaの特性が出やすいんだろうか

自作の蛇腹レンズも含めてCANON KISS X4で遊んでいこうと思う

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク

こちらも読まれています