Canon EOS 5DがあるからLレンズを購入

初代5Dといえど、フルサイズのデジタル一眼レフカメラである

それを譲ってもらったからには、Lレンズであるところの純正24-70mm f2.8を購入する他ないのである

だがしかし、僕のメイン機はNikonのD810。そしてサブ機はD700

Canon Eos 5Dは、お遊びカメラ(Eos KissX4)とD700の中間に位置するカメラとなる

なので、24-70mmf2.8でもⅠ型とⅡ型があるのだが、中古のⅠ型を購入する事にした。それでも10万円はしたのだが

Ⅰ型特有の曇りもなくクリア。手持ちの40mmf2.8と露出比較しても同等だったので問題ない。光軸のずれもない。その後分かった事なのだが、出品者は僕が購入する数ヶ月前にCanon修理屋の大手であるヒガサカメラサービスで修理を受けていたのである(納品書で確認済)




ただ、ピントチャートで確認したところ、4cm程後ピンだった。ヒガサカメラサービスに修理を依頼しようと見積もってもらったところ、「5Dと24-70mmf2.8Ⅰ型の組み合わせで数センチのズレは優秀な方」との回答があり今以上にピント補正が行われない確率の方が高いと言われてしまい断念

5Dはそもそも、ピントが前後に動いて安定しない弱点があるらしく、それを聞いて数十枚撮影したのだが確かに2cm後ピンの時もあった

結果として、2~4cmの後ピンである事が判明。諦めるしかない
※多分、5D本体の方が2cm後ピンである可能性も高い(他レンズと比較)

それでも、Lレンズの所有感。実にいい

レンズキャップが外側からつまむ古いタイプだったので、中央付近をつまんで取り外しが出来る新しいレンズキャップを別途、購入した。これでフードをしたまま楽にレンズキャップが取り外しが出来るようになった

created by Rinker
キヤノン
¥738 (2019/09/23 19:41:30時点 Amazon調べ-詳細)

フォーカシングスクリーンも格子状のものに変更

created by Rinker
キヤノン
¥1,986 (2019/09/23 19:41:31時点 Amazon調べ-詳細)

ファインダー部分のアイカップが四角いのが嫌で丸形を探し回ったが、そもそも純正品はないらしいので、サードパーティ製のアイカップを購入した(到着待ち)


※上記商品の適合機種に5Dは含まれていないが、KissX4がはめられるとの事で、試しにKissX4のアイカップを5Dにはめるようとすると…するりとはまったので多分、大丈夫

液晶画面が屋外でも見やすいように液晶用のフードを探したのだが、やはり見つからなかった

ちなみにNikon D700もなし。ただ、D810用のはサードパーティ製だがあったので購入した

意外にも大三元レンズの1本を先に手にしたのはキヤノンである

Nikonは、ずっとGレンズにするかEレンズにするか迷っていた。そして時代はミラーレス一眼カメラである。購入したとしても数年後の僕は一眼レフカメラをメイン機にしているだろうか?という疑念もあった

まぁ、百歩譲って数年の命でもいいとしよう。Gレンズは長さが短い分、VRが搭載されておらず解像度も並。一方、Eレンズは解像度の評価もよくVRが搭載されているが長さが一回りも長い。

Gレンズ=かさばりずらい。VR非搭載。解像度は並
Eレンズ=かさばる。VR搭載。解像度は高

そして、キヤノンLレンズを購入した事で、僕は決めた

最新型の24-70mmf2.8E VRを購入する事を

Nikonが2019年10月まで2万円のキャッシュバックキャンペーンをやっているっていうのが大きいんだけどね

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク

こちらも読まれています