カメラの液晶カバー(サンフード)のレビュー・口コミ

レビュー

晴天の中、一眼カメラの液晶で撮った絵を確認するのは困難だ

手で覆って液晶画面を影の中に入れて確認しなければいけない

そこで登場するのが、スクリーンサンシールドフードである
※上記写真

これはカメラが旧型になると売らなくなるので急いで購入する事を断然おすすめする

僕が購入した商品は以下(D810用)

他にもNikonだとD5,D4,D4s,D500,D600,D610,D7100,D7200,D750,D7500,D800,D850。CANONだと1DXⅠ,1DXⅡ,5DMarkⅢ,5DMarkⅣ,6D,7DMarkⅡがある

液晶部分はガラスで覆われており、液晶に直接保護シールを貼る必要はない
しかも頑丈に装着出来るので取れる心配はないだろう

そして、液晶画面に鼻の油が付く事がないのが良い

※閉じた状態↓

最初は、周辺のボタンが押しづらいかもしれないが、すぐに慣れると思うのでマイナスポイントらしきところは見つからない




口コミ

・これ、ゴイスーです。もう外せません。プロテクターベースと着脱式フード。これがミソだと思います。
着脱式フードはずせば、LCDを覆うプロテクターベースが残り、これだけでも使えます。プロテクターベースはLCDにかなりしっかりしがみついていますが、フードは少し緩め。背面LCDが裏返しに出来ないタイプは、画面が常にむき出し、破損が怖いなあ、と思っていましたら、この商品を見つけ、歓喜。早速、取り付けました。ニコンさん、これ、標準装備に出来ませんか?と、思いました。できれば、もっと安いと嬉しいですよね。

・D800を使って8年になりましたが、2019年6月に本商品に出会い、目から鱗が出ています。特に晴天で順光の時(背後から太陽光が来る時)、多くの方々が困っていると思います。それは、映像をモニターで確認する時全く見えず確認出来ない事ではないでしょうか。STSEETOP LCDスクリーンサンシールドフード 液晶保護フィルム モニター保護セミハードシートを取り付けることで100%近く改善されます。欠点と言えば、フードの開閉がかったるい事(なれれば問題なし)、設定ボタンの操作がし難くなる事、液晶保護フィルム部とフード部が分離できる構造で操作中に外れてしまう事です。この事象は、崖にへばり付いて撮影している時に起き、その後も何回も起きています。改善策を思案中です。因みに予備を2つ買っちゃいました。

・液晶モニタの数mm離れたところに保護用ガラスが入る構造でした。横方向からの映り込み等があり、必要を感じませんでしたので、取り外して使用しています。また取り付けると下側に1,2mmの隙間があり密着を期待していたが、チョットがっかりです。サンシールドフードとしては開閉動作が若干堅いです。(5D MarkⅢ,Ⅳ用)

・NIKONのD750用の物を購入しました。
常時使用しています。
注文する時は、機種ごとに準備されていますので、くれぐれもお間違えのないように!

・マクロで地面近くを撮る際にとても便利です。使用カメラは、Nikon D850とD500で問題なく使えます。

★5中★4.1と好成績

格安軽量復刻なしで今が買いだ!

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク




こちらも読まれています