初めてのポートレート撮影(面識がない人)

始めてポートレート撮影をお願いした人は、のんちゃんというお友達(掲載写真は撮影慣れした作品)。「宣材写真を作りたいから」と頼み込んで撮影したはいいが、他人に見せられるクオリティでもないので封印している。

その後、宣材写真を増やしたいのでSNSを利用してモデル募集して撮影したのが、この作品(下)。model : yuka

どちらの作品も処女テーマである「赤いサングラス」だ。
撮影場所は、東京都にある下北沢。ちなみに一応、賞をもらった作品。
当時、撮影の方向性に不安を覚えていて、プロの評価を知りたかったという理由でフォトコンテストに応募した。

そう言えば、yukaちゃんがサングラスを取っている作品を載せていない。すごく可愛いのに。

ポートレート撮影の作品は山ほどあるから遅くなるけど、その内載せる予定をたてよう。


ポートレート撮影をした事ががなくて、ポートレート撮影をしてみたい!って人にアドバイスするとしたら「斜め撮影と白黒撮影」は、やめた方がいいと思う。

何故かと言うと、斜め撮りは一見良くみえるし場合によっては有効(体全体を大きく収めたい時等)だが、作品として安定しない。写真の前身ともいうべき絵画をみれば分かる。一体、どれほどの作品が斜めになっているのか。

白黒は、色彩感覚を養えない。要するに”見る側”に想像を委ねてしまうのだ。

「俺(私)は、こんなコンセプトがあって、こういう作品にしたのだ!」が明確に表現されていないばかりか、色彩感覚も上達しないので、せっかくのポートレート撮影の経験値が低くなってしまう。

ただ、上記2つは、「斜め撮りと白黒撮影」の意味が分かったら自由にやってもいいのかなとは思う。

すべて、「思う」だ。何かにとらわれると、作品も小さくなるから聞き流していい。せっかく、”初めてのポートレート撮影” の記事を書いたのだから、アドバイス的な事も書いた方がいいかなと思っただけ。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya

猿島でモデル撮影がしたい

僕のポートレート作品集は、こちらになります。

長年、撮影をしている訳だけど、神奈川県にある猿島(廃墟みたいなとこ)でモデル撮影した事がない。

朝早いし(午後から海岸の方は暗くなるらしい)、交通費高いからドタキャンしない人を撮りたいなぁ…出来たら水着も撮りたいなぁと思っていたら今日に至った。

夏が動きにくい環境というのもあるのかも。だって、「そろそろ撮れるな…さて、記事を書こう」なんて思っていたら9月ですよ。

肌寒いじゃないですか(´;ω;`)

寒くてもワンピースを撮りたいな。基本、ワンピース(チュニックとか)を着てもらって撮影するんで。そうすると、作品撮りのイメージが湧きやすいから。
ただ、デメリットとしては動きのあるポーズが撮りにくくてポーズの領域が狭まってくる。

でも、チュニック着てもらって撮影したい!!


このファッション+猿島+日本刀or機関銃だとイメージ沸いてくる

 

こういうチュニックもいいかも。これならズボン履いてもおかしくないから色んなポーズで撮れそう。可愛いし、今からの季節にピッタリかも。

 

水着撮影だとなんだろう。これとか良さげだ。

ビキニと胸パットもついてるんだって!いいね!

 

……男の願望としては、スク水もなんだけど、紺色と白色で悩む…

 

定番の紺色スク水!
 

白色は生地が薄そうなのしかなかった。。店頭で試着してもらって購入か…

これらは僕の好みなので、モデルさん側の意見も聞きつつ、策を練りたいなと思う。

こちらで衣装を揃える場合、どうせならモデルさんに似合った衣装で撮りたいので、店頭で試着してもらって決める形になるかなと思う。

初心者でも全く問題ないので、「モデルやってみたいなぁ」って人がいたら、

ここからご応募下さい。

そうそう、仕事以外、体操服で撮影した事がない。クライアントの指示もなく自由に撮ってみたい!!
※エロい意味ではなくて

この体操着は、なかなか。本物に近そう。
 

上記画像は、Amazonさんで売られている洋服で(画像をクリックしたら飛べます)、どれも安くて心配になってしまうけど、撮影用だから問題ないか!

スク水と体操着なら僕が揃えます。いえ、揃えさせて頂きとうございます。

記事:Tatsuya

 

写真家 Tatsuya

ポートレートモデル 匠 -Takumi-

原宿竹下通りのとある飲食店に勤めている匠(たくみ)さん。
ひょんな事からモデル撮影をする事になったのだが、匠さんはモデル初体験。
僕は、素人ポートレート撮影としてなら男性は初体験。

そんな二人が作る写真はどんな形になるのか検討もつかなかった。

でもまあ、今まで女性に対し、遠慮していたポーズや構図を指定しようと…回し蹴りとかなのだが…をメインに撮影。
モデル撮影,ポートレート撮影,男性モデル,原宿,東京,竹下通り,蹴り,キック
飛び回し蹴りなんかは、10回以上やってもらった記憶がある。

作品に参加してもらったり、色々な形で僕の計画?(VR計画とか)に付き合ってもらっている彼なのだが、どうやら彼は彼なりに夢があって、叶いそうな勢いなのだ。羨ましい限り。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya




マイノリティアートって、けっこうメジャーなフレーズっぽい

当サイト名は、映画「マイノリティ・リポート」をもじったの。

直訳すると「例外的な報告」

「何を考えているかわからない」「突拍子な事ばかりする」「疲れる」とか散々言われた人生。「変人」が大体の代名詞だった。というか現在進行系。

別に奇を狙ってやってる訳でもないから尚更、質(たち)が悪い。

だから、自分は「例外」なんだなと。そんな僕から見たら、「必然的に奇を狙う人」は、マイノリティでもないし、そこから産まれるもの(芸術とか)も「マイノリティアート」じゃないと思うんだ。というか、個性も何もない、中身空っぽの芸術だよ。幼稚園児が素直に描く絵の方がいいんじゃないかな。。なんて。言い過ぎたw

僕が今まで出会った「マイノリティ」と呼ぶべき人は、「何か」に強い拘(こだわ)りを持っていた。僕は、幼少の頃から「目」に拘りがあって、よく目の絵を描いていた。今は、オリジナルの絵は必ずといっていいほど「目」が描かれていて、描かないと落ち着かない。

でも逆に写真の方は初期だけど、「目を逸らす」場面ばかり撮っていた。

 前に偶然、僕のブログ(閉鎖済)を見ていた人とカメラの勉強会で会った時に聞かれたの。「毎日、チェックしてたんだけど、なんで目を逸らす場面しか撮らないの?」
そう聞かれて、自分でも分からなくて、あえてモデルと向き合う写真を撮るようになった。この辺から「マイノリティ」じゃなくなったんじゃないかなって思うんだけど、それでも、どうやら周り(美大系)からみたらマイノリティらしい。

「類は友を呼ぶ」っていうよね。偶然出会う人は美大系(中でもトップクラス)が多かった。そして、「目」に拘る人も多かった。でも結局、みんな芸術とは違う職についた。それでも、グラフィックとか出版関係はいたけど、「芸術」の部類とは呼べないんじゃないかな。
本来の「マイノリティアート」は、「多くの人に認められない芸術」だからこそ「例外」な訳だ。映画「マイノリティ・リポート」だって、信じたのはトム・クルーズだけだったじゃん。実証後に周りが信じたけど、芸術に「実証」はない。見る側の「心」が決める事で、「数学的な証明」は出来ないないから。

もし世界的に評価されたら、もう僕も「マイノリティ」ではなくなる。そうなったら、このサイト名も変えないと。。って絶対、あり得ないけど。
だって、人生が証明してるもん。「この人はこういう人」って思って付き合ってくれた女性や友達はいただろうけど、「理由」を知る人はいなかったと思う。

まぁ、僕も自分の事がよくわからない。

てことで、本当の「マイノリティアート」に出会う為には、美術館巡りしても出会えないよ。ネットでも出会うの難しいと思うし、出会っても「ありきたり」だとか「下手だなぁ」とか「子供っぽいな」って思って理解しがたいと思う。

出会う事が大切だとも思わないよ。結局、「自分が好きなもの」が一番いいと思う。評価されていないものでもメジャーなものでも。

かくゆう僕もクラシックだと、「kanon」が好きだよ。チェロとヴァイオリンの4重奏が好き。エヴァンゲリオンで流れるあれがいい。涙が出る程好き。

悲しく切なくなって、「昔の彼女を思い出して書いたのかな」って感想が、周りの人と違うみたいだけど。

撮影,デッサン&記事:Tatsuya

おやちゃい村収穫祭でポートレート撮影

平成28年11月
ポストに入っていた「第158回 おやちゃい村収穫祭のお知らせ」

そうなのだ。朝から大音量で鳴り響くお祭りの季節がやってきた。
埼玉県朝霞市在住なのだが、ここは「よさこい」で盛り上がる街。
おやちゃい村収穫祭のメインイベントも「よさこい」だ。

家から歩いて数分の距離でやる為、毎年、「音」で叩き起こされる。

「そうだ!おやちゃい村収穫祭で、声掛け撮影してみよう!」

と思い立ち、この日はカメラ(なぜか最初に手に取ったのがNikon D700だった)片手に出かけた。

レンズはNikon 50mm1.4D

正直、家で聴く分には迷惑だったのだが、いざ参加?してみると面白い。屋台もあって、熱気あふれる「よさこい」
視覚認識するだけで、こうも気持ちが変わるものだなぁと感じた。

旗振りがかっこよかったなぁ。
みんな踊る人を撮っていたんで、俺は旗振り撮影に精を出した。

知り合いが全国で有名な”よさこいチーム”の専属カメラマンだったので、来てるかな?と思ったらチーム自体、参加していなかった模様。遠征だったのかなぁ

見物客に被写体をお願いするのは間違っているかな?とか考えちゃって、踊り手さんに的を絞った。

やっぱね、何度やっても声掛けの一人目は緊張する(;・∀・)

笑顔で承諾してくれたんで、その後の声掛けの助けにもなった。
ありがたいぃ

お次は、見た感じ高校生かなぁ。写真の右枠外に母親がいて「一緒に撮らせて下さい」ってお願いしたんだけど、断られちゃった。
※上の「おさけ笠」で顔が見えづらくて、ちょっと残念(;´Д`)

次は男性撮りたかったんで、勇気出して声をかけたw
声をかける前は、いかついオーラをまとっていたんだけど、話すと笑顔になっちゃって(;・∀・)

次は友達同士かな…なんて思ったら、親子!!
マジビビった。体動かしていると肌も若々しくなるのか…てか、若すぎる

そんで次はなんと、姉弟!仲良さそうだったなぁ

あと、この笑顔も好き

■うんちく■
昔は北朝霞駅近くのオリンピック周辺でやっていたんだけど、騒音問題かな?とかで場所が移動になったとか。

まあ、あの大音量をマンション下でやられるとね。

赤ちゃんとかいて、「せっかく寝かしつけたのにヽ(`Д´#)ノ !!」って人がいるかもしんない。夜勤明けの人もいますし…日本の文化を残すためにも、不動産屋は売ったり貸す前に「年に数回、祭りがあって騒音凄いけど苦情入れないでね」みたいな承諾書が必要な法律を早く作った方が良いと思うんだが。

ちなみに、おやちゃい祭りは、おやさい祭りが訛ったらしい…って、誰にでも予想つくわ!ですが。

うんちく話は、よさこい参加者に聞きました。

来年からは楽しみにしています。

撮った人たち、覚えていてくれるかなぁ

ネットでの公開許可は貰ったんだけど、ここのサイト自体教えてないというね。
「聞かれなかったから」が毎度の理由なんだけど

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya

モデル募集要項[東京近郊・鹿児島]

モデル募集要項
[東京近郊・鹿児島]

デッサンか写真(ポートレート撮影、作品撮り)のモデルになって頂ける方を探しています
(´・ω・`)
作品は、TOPページよりご覧下さい。
活動範囲は、東京とその周辺(千葉、神奈川、埼玉)、鹿児島になります。

※体調不良及び新型コロナウィルスの影響もあり、当面は活動自粛します。実際の撮影日にあたっては、先の話になりますのでご了承下さいm(_ _)m

応募にあたって

・年齢不問
・性別:女性
※男性の募集は締め切らせて頂きました。
・モデル経験:未経験者大歓迎
・撮影前後におけるやり取りにあたって丁寧な対応が出来る方
・お互いノーギャラになります。※飲食代は出します。
但し、デッサンにあたっては下記に記載しておりますので、ご参照下さい。
・ポートレート撮影及び作品撮り並びにデッサンの被写体のご応募のみとなります。
・掲載不可の方はご遠慮下さい。

その他

掲載許可を頂いた作品のみ掲載します。撮影中にモデルさんからご依頼があれば、写真を確認して頂き、NGの写真は、その場で削除致します。

モバイルプリンターでその場でデータをお渡しします(※枚数に限りがございます)。もちろん後日、データをPC又はLINEへお送りします(各種無料)
モバイルプリンター:FUJIFILM製 instax sp-2

使用機材:Nikon D700・Nikon D810 CANON Eos 5D・CANON kissX4(HOLGAレンズの為)・レンズ:Nikon 27-70mm(f2.8),12-24mm(SIGMA) CANON 24-70mm(f2.8)※各種純正外付けフラッシュが基本となります。

※Yahoo!アドレス[***@yahoo.co.jp]で応募される場合、自動返信が届かない場合があります。

お名前* 下の名前だけで可

メールアドレス*

・最寄り駅*

・年齢*

・モデル歴*

・自己紹介*


※3MB以内

■写真
基本、屋外でのポートレート撮影になります。他人の目が気になるといった場合は、通行人の少ない路地や広い公園の片隅で撮影する事が多いです。
素人専門で撮影していますので、不慣れとかは気にしないで下さい。
不安な方は、ご質問だけでも受けられますので、こちらからご相談下さい。
尚、宣材写真は専門のカメラマンへご相談下さい。

デッサン
デッサンモデルは、被写体になってもらい、その場でデッサンする場合とデッサン用に写真を撮影させて戴く場合がございます。