ポートレートモデル るり

モデルの名前は、るり。とあるSNSでポートレート撮影の応募があった。僕の作品に感化し、同じ構図で色んなカメラマンに撮影を頼んだけれど同じような写真がどうしても撮れなくて、撮ってほしいと。(その写真というのは最後に掲載)喜んで承諾した。指定した衣装は、もちろんワンピース。

聞けば遠くの地方に住んでいて、わざわざ東京に自費で来てくれる事になった。
「これは、いつもより気合をいれないといけない」なんて思い、撮影が始まってから彼女の存在の大きさに驚いた。

 

 「撮っている」というより「撮らされている」

 

的確なポーズをどんどんこなし、そのポーズの全てが自分の思い描いていたそれなのだ。「負けたな」そう思った。僕の撮影に対する考え方は、モデルとの勝負だと思っている。どっちが場を制するか。この時は完全に、るりちゃんが場を制していた。

撮りたい構図があって、この日の為にSIGMA 12-24mmのレンズを買った。
観覧車の中での撮影なのだが、距離が取れないから超広角レンズが必須だったからだ。当時、広角側が12mmのズームレンズはSIGMA社からしか販売されていなかったから選択肢はなかった。

日は沈み真っ暗中、撮りたかったポーズを指定し、撮影(フラッシュ有)。モデルの質の高さに加え、Nikon(D700)のピント精度の高さで、狙った通りの作品が撮れた。真っ暗の中でピントが合うのは凄い。ちなみにCanon社製のカメラも持っているが、目視出来る状況でさえピントを外す事がある。(現行のフラッグシップモデルは分からない)

5時間以上に及ぶ撮影を終えた後、アスファルトの上に買ったばかりのレンズ(SIGMA 12-24mm)を落としてしまった。1m以上の高さが。

全く落ち込みもしなかった。僕としては10万円以上のものが撮れたからだ。

でも、NikonもそうだけどSIGMAのレンズも頑丈で壊れなかった。(いずれ記事におこすと思うけど、撮影中に置き引きにあって、今は後継機のレンズ)
ちなみに、Tamron社製のレンズはフローリングの上へ落とした際(高さはこれも1mくらい)、中のレンズが粉々になった。

という訳で初日の撮影は終えたのだが、2回目の撮影もあって、その作品については、ポートレート作品のページに掲載していくし、記事におこす日が来るかもしれない。

では最後に。
この写真(モデル:このみ)がきっかけで、るりちゃんを撮ることになった。女性受けは良い。

現在、東京近郊(千葉、神奈川、埼玉)にて被写体になってくれる女性を募集しているので、よければコチラからご応募下さい。尚、全くの素人でもかまいません。というか、型にはまっていないという点で、素人が良い。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya




こちらも読まれています