CANON EOS 5D(初代)で初ポートレート撮影

CANON EOS 5Dの発売日が2005年8月22日

今は2019年8月なので、14年の歳月が過ぎた

それでも尚、時代ともに趣のある絵を出してくれる

デメリットといえば、ディスプレイは見にくいしピント微調節機能が備わっていないし暗いとノイズが目立つ気がする

画素数1200万画素は、A2まで伸ばせると思うし、そもそも現在においてスマホ等でしか閲覧しないのだから十分な画素だと思う

ポートレート撮影は、主力のNIKON D810を使用しているのだが、CANON EOS 5Dでも軽く撮らせてもらった。味わい深くて編集する気にならなかった。ちなみにJpegの撮って出し




40mm F2.8のパンケーキレンズしか持っていないのだが、ポートレート撮影が増えれば24-70mm F2.8も購入しようかなと思っている

 

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク

友人から譲り受けたCANON 初代 EOS5D

先日、帰省した際、幼馴染の彼と桜&滝撮影をしてきた。

その写真は後ほど

彼はいつのまにやらキヤノン5DmarkⅡを使っていて前に使っていた初代5Dはどうしたのか聞くと「いる?」と聞いてきたので即答で「いる!」と答えた

今はもう現像もあまりしなくなった時代。写真閲覧は大概スマホ。そんな世の中で初代5Dの約1200万画素で事足りてしまう。もちろんA2くらいに引き伸ばしても現像しても大丈夫。キレイ
ただ、CMOSと画像処理エンジンが古いせいで高感度撮影には不向き
あとトリミングも辛い

だが、僕は欲しかったのだ

写真を始めようとした当初、フルサイズのキヤノン5Dに手が出せなくて電気屋でNIKON D80とCANON 40Dで迷いに迷った記憶がある

ただ、40Dの方は、シャッター音が「パコン」と気の抜けた音がするのだ

最近、YouTubeでシャッター音を確認すると「パコン」なんて音はしない。しっかりしたシャッター音だったので電気屋のカメラが壊れていたのだろう。店員さんも「こんなもんですよ」なんていい加減なこと言ってたっけ

CANONを買いたい!でもシャッター音が「パコン」じゃ嫌だぁという葛藤で4,5回くらい展示品を見に行った記憶がある。今考えると別の電気屋に行けばよかった。NIKONの最終的な決め手は持ち手の赤いライン。ちなみにグリップ感は甲乙つけがたかった

という訳で、5Dに憧れつつもNIKON D80を購入してニコン党になった訳である

あの頃は、「NIKONじゃフルサイズなんて出せる構造してないし無理!」って言われてたからね(それでも信じてフルサイズで使えるレンズばかり買っていたけれど)

もしあの時、CANON 40Dのシャッターユニットが壊れていなければCANON党になっていたのかななんて思う

まぁ、手元にCANON 5DとEOS Kiss X4があってnikonはD810に加えてD700とFM2があるのでNikon寄りの両刀使いになるのかな




 

CANONはフルサイズ用の標準ズームレンズがないので、どれを買うか本気で悩んでいる

悩みすぎて、『悩む楽しさ』を通り越して肩がこる

使うならポートレートかなと思うので手ぶれ補正はいらないかなと思う

いくらこちらが動かなくてもモデルさんに一時停止かけられないから、それほど恩恵がないかなと

ただAFは爆速がいいので、下記の商品を狙っております

ただ気をつけてほしいのが、このレンズ、ズームの際、35-50mm付近で異音(小さい)の発生する個体があるとのこと。Ⅱの方もあるらしい

出品者に聞いているのだが、濁した回答をしてくるので困り物。濁すくらいだから異音が発生する個体なのだろう

30日保証のないメルカリで買う…にしてもなあ、音が気になるか気にならないかは個人の感覚もあるだろうし…はぁ、悩む

ちなみに、マウントアダプターを持っていたので、TAMRON 28-75mm(ニコン用)をD810と5Dにつけて同条件で撮影し、『どっちで撮ったでしょうクイズ』を幼馴染にしたら見事外した

僕からみてもホントわからない。もちろんサイズは同じにした上で等倍にして確認すればフリンジやら解像度でわかるんだろうけども、そこまで見る人なんてねぇ。すんごい大きな会場で個展を開くならいざしらず

NIKONとCANONは色味が違うと言われてきたけれど、レンズが同じなら変わらない…変わらないから、僕がCANON用にTAMRON28-75mmを買っても絵作りが似ているせいで両メーカー持っている意味もなく画素数の少ないCANON 5Dが防湿庫で眠りそうなのだ…

予算の関係もあってコスパの良いレンズを求めているのならば、TAMRON28-75mmが断然おすすめ!機動性はあるし、このレンズで賞をとったこともある

Amazon.co.jpならあります

ただ、パープルフリンジが酷いかな…といっても等倍で見るんじゃなければ気にしなくていいと思う。あとAFが遅い。ショー撮影する人なら純正で!

CANON 5Dでポートレート撮影撮りたいなぁ。誰か東京近辺で撮らせてくれる人いないかな?


※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク




 

夏美との出会いin鹿児島

夏美との出会いは、鹿児島の天文館中央公園だ。

一人でいるところを声をかけ、ストリートポートレートとして撮影させてもらった。

その時、他の人とは違い何かを感じた。見えたことないけどオーラというべきか、純粋な気持ちを純粋に放っていた。

そして、そんな彼女にモデルとして惹かれた。

今はなき天文館中心部にあった廃墟。そこで撮影させてもう事になったのだが、モデル初体験とは思えない表情や仕草のレベル。やはり最初に感じたものは間違っていなかったんだなと思った。

全ての人じゃないんだけれども、『いい絵が撮れそう』と思ったら、後日撮影をお願いしているのだが、夏美にもお願いする事にした。

僕は、ドタキャンやら遅刻を恐れてスタジオ撮影しない。遅刻だけで1時間1万円もとられるし、信頼関係が築かれていないままだとドタキャンはどうしても恐れてしまう。なので、よくラブホテルやシティホテルを選ぶ。

今回は、ラブホに抵抗がなかったようなので、そこでの撮影をお願いした。
ちなみに天文館中央公園周辺に鹿児島市唯一かもしれない撮影スタジオがあって当日予約は可能なのだが、予約いっぱいで取れた試しがない。

室内ならではでセミヌード。強制的に撮らせてもらった訳じゃないよ。そして、この画像を選んだのは、くったくのない笑顔。

『モデルになった方がいいよ』と何度言ったろうか?

夏美は、なる気がないらしい。

こういう子が、世の中にはたくさん埋もれていて、ストリートポートレート撮影じゃないと出会えない事がよくある。



ちなみに、自身の曲である『Dear Friend』のカバーに使わせてもらった。

 

モデルをやってみたいなって人は、下記の『モデル応募』からどうぞ。事前のNGチェックは守るので、安心してご応募下さい。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya

ポートレートモデル Yuka

撮影場所は、東京都の下北沢。ロケ地としては初めての土地

yukaの第一印象は、「顔ちっさくて可愛い!」だった
上京したてという事で訛っていたのだが、それが又良かった

生涯のテーマとした「赤いサングラス」は、yukaからスタートしたのだ
しかも、フォトコンで入賞するという幸先の良いスタートの作品が撮れた思い出
当サイトでも、いくつか使わせてもらっているし、DJパーティの際はフライヤーの写真にもなった。

指定したポーズも素直に表現してくれるので、こちらの技量が100%反映される事となり、”出来が悪いとカメラマンの腕が悪い”という結果になる見本のような撮影だった
初ギャラリーを開いたときにも来てくれて、性格もすごく良かったなぁ

yukaはモデル事務所に所属していて、ギャラが必要だったので、一回きりの撮影になった
ギャラを支払う事をケチっている訳ではない
説明は割愛するが、前に師事していたプロカメラマンの影響があるし、「ギャラの有無に関係なく作品を共に作りたい」という関係を築ける方がより良い作品を作れる…と思っていたから
あとは、「あなたの技量はギャラをもらわないと参加する程ではない」とネガティブに考えてしまうからかな

それでもまぁ、また撮りたいなという気持ちは今もある

現在、東京近郊(千葉、神奈川、埼玉)にて被写体になってくれる女性を募集しているので、よければコチラからご応募下さい。尚、全くの素人でもかまいません。というか、型にはまっていないという点で、素人が良い。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya




ポートレートモデル 重母娘

鹿児島に帰省しようかなと思っていた矢先、鹿児島在住の女性から撮影依頼を受けた。
ホントに偶然。
僕の誕生日が近い事もあり、歳の最後に撮影する事になったのは、40代のゆかりさん。

撮影予定日前に「お母さんも撮って欲しい」という事だったので快諾し、僕は別日に撮る予定でいたんだけども、当日の待ち合わせ場所(鹿児島駅)にお母さんもいてビックリ。

被写体が二人というのは撮り慣れてないし、撮影自体、助手も入れずに二人の空間で作品を作っていくスタンスなので大丈夫かな?と不安が大きかったけれど、前々から40代以上の方のモデル撮影をしたかったので挽回してやるという期待と不安の方が大きかった。

挽回というのは、前に40代の方のモデル撮影で1枚もポートレート作品を作る事が出来ず、それがずっと心残りだったのだ。

“若さ”に頼るのは楽で、それを突き進むのもアリではあるんだけれども、”若くないと撮れない”は自分としては嫌なのだ。

逆に老人も皺を味にすれば作品にしやすいかなと思っている。

機材はNikon D810+Nikon 50mm1.4Dのみ。

レフ板もフラッシュも持ってこなかった。

市電で天文館まで移動し、モデル初体験という事だったので、中央公園で撮影する事にした。

自分にとって定番のスポットといっていい。

撮影開始!

まずはお母さん。この日は太陽の光が強くて陰影がくっきり分かれるもんだから、ポーズ指定以前に難しかった。

モデル初体験の方の9割はぎこちないポーズと表情なので、そこを崩さなくてはいけない。

そして段々、自然体になっていく様を見るのが好き。

自然体になる=モデルとの壁がなくなるという感じかな。

でもまぁ正直、今回は壁を取りきれなかった。宣材写真どまり。やはり二人ではないため、僕の本来目指すべき世界観を作るのは難しい。

次は、ゆかりさん

ゆかりさんの方が自然体に近い感じで撮れたんじゃないかなと思う。

公園でツーショットをおさめて天文館の繁華街へ

スカートの広がり具合と表情を本人と確認しながら何度も回転してもらった。


そして最後に母娘の仲睦まじいショット

帰りは、ゆかりさんの運転する車で送ってもらう事になり本当に助かった。

車中で話が弾んだのだが、話題は個人情報に繋がるので書かないでおこうと思う。

写真家 Tatsuya




ポートレートモデル 盲目の「Mr.松林」

松林氏は、中学生の頃に筋ジストロフィーが発症した。僕の属していたNPO(非民間営利組織)では、在宅介護支援を行っており、彼が介護施設から自立支援を受けて一人暮らしを始めた際、僕が介護ヘルパー(現在は介護福祉士)として介助をする事になった際に出会った。

彼は海外に興味を持っており、毎日のように英語を勉強していた。その関係からか作品を公開するにあたっての名前は、「Mr.松林」が良いとの事だったので、タイトルもそうする事にした。


先に書いたように彼は筋ジストロフィーである為、年々あらゆる筋力が衰えていく。そして彼に視力はもうない。歩行も困難であり車椅子だ。

 見たいなとか思いませんか?という僕の問い(悪意はない)に、彼は笑ってから「見えなくていい」と答えた。その時、予想していた答えと真逆だったので、なぜかと質問を重ねると、また笑った。
それから数ヶ月後、海外で視力を失った人が頭に機械を埋め込む事により、白黒ではあるが、見えるようになる技術を確立し、被験者を募集している事を知って、松林氏に勧めたのだが、すぐに断られた。

なぜなのかは今なら分かるような気がする。世の中には知らなくていいものが多すぎる。だからと言って僕も見えなくていいとは思わないが、”見えなくなった”状況になれば、順応する為、そういう風な思考になるのかもしれない。

彼を主人公にした作品撮りをしたいと思ったのは、介護業界をやめてからだ。

電話越しに松林さんへ撮りたいと伝えると快諾してくれた。作品が仕上がったとしても、例え個展を催すとしても本人に見てもらえないのが、すごく残念だったが、彼という存在を伝えたかったから純粋に撮りたいと思ったのだ。

数年ぶりに会った彼は何も変わっていなくて、ほっとした。
(筋ジストロフィーが進行すると、心臓の筋力も衰えて寝たきりになる事もある)

彼の存在を伝えたい気持ち…最初はあやふやで衝動的なものだった。今考えると、彼は日々、筋ジストロフィーによる筋力の衰えを抑えるよう、筋トレをし、体に良いものを食すようにし、努力している人だったから自分が見てきた障がい者の中でも特別視していた部分があるからかもしれない。誤解がないよう記載するが、松林氏を介助していたから松林氏の裏側(努力等)を知る事が出来た訳で、同じ自立支援センターに属する障がい者も又、松林氏と同じくらい努力している人がいたはずだ。

 

介護業界を長く経験した介護福祉士からの僕の意見
・自立支援の介護士は大きく2つの人間に別れる。「障がい者が何も出来ない事を前提として介護する」と「健常者と対等に扱い、本人が出来る事はやらせる」人種。 僕は後者の「健常者と対等に扱い、本人が出来る事はやらせる」派であり、それは意思の疎通(会話)もそうだ。
・障がい者のご両親は過保護な方が多い。そして、それを嫌う障がい者も多いので、親子関係は悪い事が多い。障がい者の多くは、健常者として扱ってもらいたい。出来ない事だけやってもらいたいと考える。後発性障害の場合は、介助自体を嫌う傾向がある(特に初期)。まぁ人間なのだから、面倒くさい時は、障がい者である事を盾に、何でもやらせる場合もある。
そういう時は、こちらから意見(出来るでしょ?等)をいうのだが、そのようなやり取りを知ったご両親にとっては、「介護しなきゃならないのに怠けている」と解釈する。
別に怠けてそうしている訳ではない事を知ってほしい。障がい者の尊厳を保つ為の行為なのだと理解してほしい。

 

個展を開く為の資金集めを行っています。パックアップして頂ける方がいましたら、その旨を記載の上、お問い合わせ欄よりご連絡下さい。


広告を減らす分、Amazonの欲しいものリストから商品を提供して戴くシステムに変えようか実験的に行っています。ご協力頂ける方がいましたら、下記画像よりAmazonへ移動し、購入して頂けると嬉しい限りです。

撮影&記事:Tatsuya

天使の羽根と悪魔の羽根

 物語「自由と束縛」を撮影するにあたって翼(白と黒)を購入したのだが、届いてみるとチープなものだった。サイズが書いてなかった事に疑問を持たなかった自分が悪い。他の商品を探したのだが見つからず、作ってしまえばいいという事で、本物の羽根を買って作る事に…高くても計1万円で済むと思っていた。。

既製品の翼を改造して羽根を貼っていく…出来た!と思って翌日見てみるとしぼんでいる。どうやら湿気で羽根のボリューム感がなくなるらしい。そして、また羽根を買って貼る…それが5回くらい続いただろうか。気がつくと5万円を超えていた。。

ようやく9割程完成して安堵したのもつかの間。

「重くなったんだけど、どうやってつけてもらおうか…」

ここで僕の時間は停止したー

洋服を着たままも撮りたいし、背負ってる感は絶対に出しくないし…
(当時、Photoshopでの加工は絶対に嫌だった)

いくら考えても答えは見つからず、頭の良い友達に聞いても分からないという。

僕の思考回路と全く違うマリという女性に聞いてみようという事で、羽根を持って原宿で待ち合わせた。

ちなみに渋谷駅と原宿駅の間にデカい翼が売られているのを知って愕然とした。
だって、15000円とリーズナブルな上、かっこいいんだもの。

カフェで翼を見せて相談すると、数分で答えをもらった。

僕は半信半疑な事もあって、マリにつけてくれるようお願いしたのが、このテスト写真。ていうか作品に仕上がってしまったので当然、ポートレート撮影と称していいのかもしれない。モノクロ写真にしたのは、”昔に捉えた天使”を表現したかったからなのと、撮影場所の問題。

胸のつかえが一気にとれた。

そして、物語「自由と束縛」の撮影が開始したのだ。
※黒い翼の方は、上記リンクから見られる。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya




ポートレートモデル るり

モデルの名前は、るり。とあるSNSでポートレート撮影の応募があった。僕の作品に感化し、同じ構図で色んなカメラマンに撮影を頼んだけれど同じような写真がどうしても撮れなくて、撮ってほしいと。(その写真というのは最後に掲載)喜んで承諾した。指定した衣装は、もちろんワンピース。

聞けば遠くの地方に住んでいて、わざわざ東京に自費で来てくれる事になった。
「これは、いつもより気合をいれないといけない」なんて思い、撮影が始まってから彼女の存在の大きさに驚いた。

 

 「撮っている」というより「撮らされている」

 

的確なポーズをどんどんこなし、そのポーズの全てが自分の思い描いていたそれなのだ。「負けたな」そう思った。僕の撮影に対する考え方は、モデルとの勝負だと思っている。どっちが場を制するか。この時は完全に、るりちゃんが場を制していた。

撮りたい構図があって、この日の為にSIGMA 12-24mmのレンズを買った。
観覧車の中での撮影なのだが、距離が取れないから超広角レンズが必須だったからだ。当時、広角側が12mmのズームレンズはSIGMA社からしか販売されていなかったから選択肢はなかった。

日は沈み真っ暗中、撮りたかったポーズを指定し、撮影(フラッシュ有)。モデルの質の高さに加え、Nikon(D700)のピント精度の高さで、狙った通りの作品が撮れた。真っ暗の中でピントが合うのは凄い。ちなみにCanon社製のカメラも持っているが、目視出来る状況でさえピントを外す事がある。(現行のフラッグシップモデルは分からない)

5時間以上に及ぶ撮影を終えた後、アスファルトの上に買ったばかりのレンズ(SIGMA 12-24mm)を落としてしまった。1m以上の高さが。

全く落ち込みもしなかった。僕としては10万円以上のものが撮れたからだ。

でも、NikonもそうだけどSIGMAのレンズも頑丈で壊れなかった。(いずれ記事におこすと思うけど、撮影中に置き引きにあって、今は後継機のレンズ)
ちなみに、Tamron社製のレンズはフローリングの上へ落とした際(高さはこれも1mくらい)、中のレンズが粉々になった。

という訳で初日の撮影は終えたのだが、2回目の撮影もあって、その作品については、ポートレート作品のページに掲載していくし、記事におこす日が来るかもしれない。

では最後に。
この写真(モデル:このみ)がきっかけで、るりちゃんを撮ることになった。女性受けは良い。

現在、東京近郊(千葉、神奈川、埼玉)にて被写体になってくれる女性を募集しているので、よければコチラからご応募下さい。尚、全くの素人でもかまいません。というか、型にはまっていないという点で、素人が良い。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya




初めてのポートレート撮影(面識がない人)

始めてポートレート撮影をお願いした人は、のんちゃんというお友達(掲載写真は撮影慣れした作品)。「宣材写真を作りたいから」と頼み込んで撮影したはいいが、他人に見せられるクオリティでもないので封印している。

その後、宣材写真を増やしたいのでSNSを利用してモデル募集して撮影したのが、この作品(下)。model : yuka

どちらの作品も処女テーマである「赤いサングラス」だ。
撮影場所は、東京都にある下北沢。ちなみに一応、賞をもらった作品。
当時、撮影の方向性に不安を覚えていて、プロの評価を知りたかったという理由でフォトコンテストに応募した。

そう言えば、yukaちゃんがサングラスを取っている作品を載せていない。すごく可愛いのに。

ポートレート撮影の作品は山ほどあるから遅くなるけど、その内載せる予定をたてよう。


ポートレート撮影をした事ががなくて、ポートレート撮影をしてみたい!って人にアドバイスするとしたら「斜め撮影と白黒撮影」は、やめた方がいいと思う。

何故かと言うと、斜め撮りは一見良くみえるし場合によっては有効(体全体を大きく収めたい時等)だが、作品として安定しない。写真の前身ともいうべき絵画をみれば分かる。一体、どれほどの作品が斜めになっているのか。

白黒は、色彩感覚を養えない。要するに”見る側”に想像を委ねてしまうのだ。

「俺(私)は、こんなコンセプトがあって、こういう作品にしたのだ!」が明確に表現されていないばかりか、色彩感覚も上達しないので、せっかくのポートレート撮影の経験値が低くなってしまう。

ただ、上記2つは、「斜め撮りと白黒撮影」の意味が分かったら自由にやってもいいのかなとは思う。

すべて、「思う」だ。何かにとらわれると、作品も小さくなるから聞き流していい。せっかく、”初めてのポートレート撮影” の記事を書いたのだから、アドバイス的な事も書いた方がいいかなと思っただけ。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya

猿島でモデル撮影がしたい

僕のポートレート作品集は、こちらになります。

長年、撮影をしている訳だけど、神奈川県にある猿島(廃墟みたいなとこ)でモデル撮影した事がない。

朝早いし(午後から海岸の方は暗くなるらしい)、交通費高いからドタキャンしない人を撮りたいなぁ…出来たら水着も撮りたいなぁと思っていたら今日に至った。

夏が動きにくい環境というのもあるのかも。だって、「そろそろ撮れるな…さて、記事を書こう」なんて思っていたら9月ですよ。

肌寒いじゃないですか(´;ω;`)

寒くてもワンピースを撮りたいな。基本、ワンピース(チュニックとか)を着てもらって撮影するんで。そうすると、作品撮りのイメージが湧きやすいから。
ただ、デメリットとしては動きのあるポーズが撮りにくくてポーズの領域が狭まってくる。

でも、チュニック着てもらって撮影したい!!


このファッション+猿島+日本刀or機関銃だとイメージ沸いてくる

 

こういうチュニックもいいかも。これならズボン履いてもおかしくないから色んなポーズで撮れそう。可愛いし、今からの季節にピッタリかも。

 

水着撮影だとなんだろう。これとか良さげだ。

ビキニと胸パットもついてるんだって!いいね!

 

……男の願望としては、スク水もなんだけど、紺色と白色で悩む…

 

定番の紺色スク水!
 

白色は生地が薄そうなのしかなかった。。店頭で試着してもらって購入か…

これらは僕の好みなので、モデルさん側の意見も聞きつつ、策を練りたいなと思う。

こちらで衣装を揃える場合、どうせならモデルさんに似合った衣装で撮りたいので、店頭で試着してもらって決める形になるかなと思う。

初心者でも全く問題ないので、「モデルやってみたいなぁ」って人がいたら、

ここからご応募下さい。

そうそう、仕事以外、体操服で撮影した事がない。クライアントの指示もなく自由に撮ってみたい!!
※エロい意味ではなくて

この体操着は、なかなか。本物に近そう。
 

上記画像は、Amazonさんで売られている洋服で(画像をクリックしたら飛べます)、どれも安くて心配になってしまうけど、撮影用だから問題ないか!

スク水と体操着なら僕が揃えます。いえ、揃えさせて頂きとうございます。

記事:Tatsuya

 

写真家 Tatsuya