初めてのストリートポートレート撮影

 僕が始めてストリートポートレート撮影をしたのはいつだったろうかと考えていた。まず、知らない人に声をかけたのがそうならば、恵比寿駅近くのカフェに勤めていた女性従業員かな。正直、とても可愛くて撮りたくて、でも声をかける勇気がなかったから友達に声をかけてもらった。それが、この写真。

可愛いだけで撮りたかった訳でもない。当時はコンセプトがあって、「どれだけ自分が幸せか、表現して下さい」と頼んだのだ。
あぁ、初々しくて恥ずかしくなるコンセプトだわ。

ストリートポートレート撮影というのは、その日の気分で撮りたい人を決められるのも大きなメリット。ネットで探しても、事前に見せてもらった写真と印象が全く違うのは良くある事で、そうすると撮影方法も代えていかなきゃならなくなる。





でも、ストリートポートレート撮影なら、「ここで、こういう人を撮りたいな。イメージに近い人通らないかな…」ですむ。

他のページに書いたような気がするけれど、ストリートポートレート撮影のデメリットは時間との勝負。時間を持て余している人に当たればいいけれど、その前に撮らせてくれる人に当たる確率が低い。

今はモデル撮影(ポートレート撮影)をしたい気分なので、一生懸命募集してる。

猿島で撮りたいんだもの!!
※猿島の記事はこちら

話を戻そう。街中で一人で声をかけて撮らせてもらったのは、このご老人。
もうね、物凄く勇気がいった。20分くらい格闘して、少しづつ近づいていって声をかけて談笑して撮らせてもらった。

撮影後に聞いた話なんだけど、株式会社USENの元重役というではないか。そんな人に、こんなポーズをとらせてしまって「やってしまったぁ」と。
でも、そんな人に、こんなポーズを取らせられるくらい距離を短時間で縮められたんだなと自信にも繋がった。

 

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya

ポートレートモデル 匠 -Takumi-

原宿竹下通りのとある飲食店に勤めている匠(たくみ)さん。
ひょんな事からモデル撮影をする事になったのだが、匠さんはモデル初体験。
僕は、素人ポートレート撮影としてなら男性は初体験。

そんな二人が作る写真はどんな形になるのか検討もつかなかった。

でもまあ、今まで女性に対し、遠慮していたポーズや構図を指定しようと…回し蹴りとかなのだが…をメインに撮影。
モデル撮影,ポートレート撮影,男性モデル,原宿,東京,竹下通り,蹴り,キック
飛び回し蹴りなんかは、10回以上やってもらった記憶がある。

作品に参加してもらったり、色々な形で僕の計画?(VR計画とか)に付き合ってもらっている彼なのだが、どうやら彼は彼なりに夢があって、叶いそうな勢いなのだ。羨ましい限り。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya




ストリートポートレート撮影を通して起きた奇跡!? in 原宿

JR原宿駅には改札口が2箇所ある。

厳密には、年末年始のみ開放される明治神宮側にある「臨時改札口」を合わせると3箇所になる訳だが、常時使用可能な改札口は2箇所ある。

その一つである竹下口。横断歩道を渡った竹下通りの入口に女性二人の外国人がいた。待ち合わせをしているっぽかった。

時間もありそうな雰囲気だったので英語で話しかけて撮影をお願いした。Pleasure of girlというサイトに載せるんだみたいな話をしたんだけど発音が変だったらしく腹抱えて笑われた(´・ω・`)

彼女らのスマホで当サイト(旧サイト:Pleasure of girl)を開いてもらおうと思ったのだけど…よく見ると飛行機マークが。日本で使用可能なSIMが刺さっていないみたい。外国だと無料の無線LANがあちこちにあって、金額の高い海外用のSIMをレンタルしなくても困らないだろうと思ったのだろうか。今考えると、そういう風な人多いな。
日本は、無料でインターネット接続しようと思ったら、店に入らないといけない場合が殆ど。
待ち合わせしてるっぽいけど、ちゃんと会えるのかな?と心配になった。
ちなみに、メモ帳にサイト名を記載してもらおうと、「Pleare」を発音したら、腹抱えて笑われた。「Pleasure」のプを強く発音しないと、違う意味になるみたい。僕も一緒に笑っておいた。

 

 

 その後すぐに、別の用(プロジェクト関係)で待ち合わせしたモデルの匠さんと合流して代々木公園に向かっていると…もう一つの改札口(表参道口)付近に二人の外国人カップルが!?
改札口を険しい顔見ながら眺めている…そのままフォッション雑誌に載っていてもおかしくないくらいかっこよすぎるではないか…

機嫌悪そうだし無理かなぁ…でも撮りたいなぁと思いつつ、写真撮らせてくれって英語でお願いしたら笑顔でOKもらえた。

「さっきのポーズと表情で撮らせてくれ」が英語で言えなくて、手振り素振りで伝えようとするも駄目。狙った雰囲気は撮れなかったけど、これはこれで好き。

ストリートポートレート撮影

その後、英語で「もっと寄って―」って言って言って言いまくった結果


ストリートポートレート作品としては今のところ、上記2作品が同列1位!

「こんな感じで撮れたよ。サイトに載せるね」って言いつつ画像確認してもらった際、うっかり前の外国人を見せたのね。そしたら、女性の方が、「え?もう一度、さっきの人見せて?」って言ってきたの。有名人なのかな?なんて思いながら見せたら、「わお、待ち合わせしている友達だ!」って笑顔で大はしゃぎ。「どこにいた?」って聞かれて「竹下通りの入り口にいたよ」って言ったら、笑顔で手を振りながら二人は去った。

ストリートポートレート撮影をした事で人と人を繋げたんだなと思った。出会うには理由があるんだななんて大げさに考えてしまう出来事だった。

という訳で、原宿駅には改札が2つ(年末年始は3つ)あるから待ち合わせする時は気をつけてね。

ちなみに全部、英語での会話な訳なんだけど英会話は大の苦手。
出川イングリッシュレベルかそれ以下だよ。
でもなぜか、言ってる事は何となく分かる。ヒヤリングテストだけは良かったんだよね。
※英語以外、全く分からない。

撮影&記事:Tatsuya

おやちゃい村収穫祭でポートレート撮影

平成28年11月
ポストに入っていた「第158回 おやちゃい村収穫祭のお知らせ」

そうなのだ。朝から大音量で鳴り響くお祭りの季節がやってきた。
埼玉県朝霞市在住なのだが、ここは「よさこい」で盛り上がる街。
おやちゃい村収穫祭のメインイベントも「よさこい」だ。

家から歩いて数分の距離でやる為、毎年、「音」で叩き起こされる。

「そうだ!おやちゃい村収穫祭で、声掛け撮影してみよう!」

と思い立ち、この日はカメラ(なぜか最初に手に取ったのがNikon D700だった)片手に出かけた。

レンズはNikon 50mm1.4D

正直、家で聴く分には迷惑だったのだが、いざ参加?してみると面白い。屋台もあって、熱気あふれる「よさこい」
視覚認識するだけで、こうも気持ちが変わるものだなぁと感じた。

旗振りがかっこよかったなぁ。
みんな踊る人を撮っていたんで、俺は旗振り撮影に精を出した。

知り合いが全国で有名な”よさこいチーム”の専属カメラマンだったので、来てるかな?と思ったらチーム自体、参加していなかった模様。遠征だったのかなぁ

見物客に被写体をお願いするのは間違っているかな?とか考えちゃって、踊り手さんに的を絞った。

やっぱね、何度やっても声掛けの一人目は緊張する(;・∀・)

笑顔で承諾してくれたんで、その後の声掛けの助けにもなった。
ありがたいぃ

お次は、見た感じ高校生かなぁ。写真の右枠外に母親がいて「一緒に撮らせて下さい」ってお願いしたんだけど、断られちゃった。
※上の「おさけ笠」で顔が見えづらくて、ちょっと残念(;´Д`)

次は男性撮りたかったんで、勇気出して声をかけたw
声をかける前は、いかついオーラをまとっていたんだけど、話すと笑顔になっちゃって(;・∀・)

次は友達同士かな…なんて思ったら、親子!!
マジビビった。体動かしていると肌も若々しくなるのか…てか、若すぎる

そんで次はなんと、姉弟!仲良さそうだったなぁ

あと、この笑顔も好き

■うんちく■
昔は北朝霞駅近くのオリンピック周辺でやっていたんだけど、騒音問題かな?とかで場所が移動になったとか。

まあ、あの大音量をマンション下でやられるとね。

赤ちゃんとかいて、「せっかく寝かしつけたのにヽ(`Д´#)ノ !!」って人がいるかもしんない。夜勤明けの人もいますし…日本の文化を残すためにも、不動産屋は売ったり貸す前に「年に数回、祭りがあって騒音凄いけど苦情入れないでね」みたいな承諾書が必要な法律を早く作った方が良いと思うんだが。

ちなみに、おやちゃい祭りは、おやさい祭りが訛ったらしい…って、誰にでも予想つくわ!ですが。

うんちく話は、よさこい参加者に聞きました。

来年からは楽しみにしています。

撮った人たち、覚えていてくれるかなぁ

ネットでの公開許可は貰ったんだけど、ここのサイト自体教えてないというね。
「聞かれなかったから」が毎度の理由なんだけど

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya