NDフィルターを使っての滝撮影 in 鹿児島

blogを投稿したつもりでいたので、大分遅くなってしまった

前回の桜撮影の合間に滝撮影もおこなった

■関連記事:2019年春は鹿児島県で満喫していました

場所は鹿児島県伊佐市大口宮人にある『曽木の滝』

曽木の滝は、どうやら下に降りての撮影が不可なようで、高めの遊歩道のような場所での撮影となった

そこには手すりが設置されており、僕が持参した三脚では高さが足らず、友人が持参した三脚を借りた

そのかわり僕がもってきたNDフィルター(16)を友人に貸す事に

天候は晴れ。ND16で十分かと思いきや、曽木の滝相手では明るすぎるくらい

ND400くらいが妥当かもしれない

Nikon D810+24-120mm F4

曽木の滝は横に広いので横撮影がセオリーだろうが、スマホの待受画像に使えないかなぁと思って縦撮影を行った

NDフィルター+滝撮影は、2度目である。風景写真自体得意ではないので、かなり手こずった




お次は、鹿児島県伊佐市菱刈川南にある『湯之尾滝』

温泉の滝で湯気がたっていた

ここの滝は茂みが邪魔をして撮影スポット探しに苦労した

唯一と思われる場所も『当宿に宿泊した方のみ入れます』みたいな立て看板が設置されていて、入れなかった

そこで、湯之尾滝公園の対岸を通る道路脇(ガードレール内)から撮影

Nikon D810+24-120mm F4

時間も夕暮れ時にさしかかっていた為、NDフィルター(16)が適材となった

これで、今回の鹿児島県での撮影は終わり

今度帰省した際は、人物なのか風景なのか何を撮ろうか思案中…

個人的には人物撮影がいいんだけどね。撮ってて楽しいし

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク




2019年春は鹿児島県で満喫していました

幼馴染の運転で色々な場所に行ってきた

名所は覚えていないけれども(;´Д`)

春といえば桜。今年は平成最後の桜!といっても特別な何かがある訳ではないので、撮影自体は毎年同じような感じ

桜が満開そうな場所にいくも…桜の木がほとんどないという…

そういうところだからこそと枯れ木と桜を組み合わせてみた

Nikon D810+24-120mm F4

お次は、『世界一郷水車』に行ってきた

世界一の水車なのか世界一郷という名前なのか分からないけれど

ここも桜の木が少なかったのだけれども、いい具合に橋と桜を収める事ができた

NIKON D810+24-120mm F4

さてさて、これが『世界一郷水車』!桜も収められて自己満足(*´ω`*)

NIKON D810+24-120mm F4

この日は、天気予報だと雨のち晴れだったのだけれども午前中から晴れ!

晴れ男なのだ。だから…雨降るポートレート撮影の経験が…ない

厳密に言うと、撮影の打ち合わせ日に雨が降ってテスト撮影がてら撮った事はあるけれども…もちろん失敗。経験は大事ね

出来たらポートレート撮影もしたくてTwitterで募集かけたんだけどDMこず…

絶対、いい絵が撮れたと思うんだよね。主観的感性でいうとだけど

秋になると寒くなるから…それまでに応募があれば…ドタキャンしない人がいい

それと個展ひらける場所があれば教えて頂けるとありがたい

共同展のお誘いも大歓迎\(^o^)/


Amazon.co.jpならあります
Amazon.co.jpならあります
Nikon ???????? AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR ???????
  • Nikon
  • 価格   ? 92,497 ? 158,400
  • 販売者 ?????????CHUJI
クリックして今すぐチェック

 

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク




 

万華鏡レンズで撮影したお気に入りの花の写真

前回、意味深長に記事を書いたのだが何度か写真を見直してみると…「んー」と唸る程度に気持ちが下がってしまい、他の万華鏡レンズで撮影した写真を見てから再度見直すと、「おぉ、いいね」となる不思議な写真が上記作品

◆関連記事:【作品例あり】自作万華鏡レンズの作品

マクロレンズ+フルサイズカメラで撮影しているのだが、これが広角レンズ+マイクロフォーサーズカメラとかだとまた違った写真になるだろう

そこのところも面白いレンズだ

この花の名前は「ダイアレリア  ミゾグチ  ’プリンセスキコ’ 英名:Dialaelia Mizoguchi ‘Princess Kiko’」というらしい

今日は他のバージョンのも用意してある

未だに良い撮影方法が思い浮かばない。女性なら感性高いっていうし、思いつくんだろうなぁ

万華鏡個展を開きたものだ

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク




鹿児島と宮崎の県境で天の川撮影

投稿が遅れに遅れている訳だが、去年の2017年に友達と車で天の川撮影に行ってきた。行き当たりばったりで野鹿は見かけるはでビックリ。

ようやく民家の明かりも届かない場所にたどり着き車を降りたのだが、暗すぎて平衡感覚がつかめずフラフラ。夜空を見上げて「あれが天の川じゃね?」という感じで、あれこれ撮影したのだが、天の川の写真の現像も大変。

風景撮影には向かない性分だなと痛感した。けど、天の川撮影は面白かったし、現像した写真に満足。

小さい画像だと100%伝わらないけれど、壮大だった。これにはまると天体望遠鏡やら赤道儀を買う事になるんだろうなぁ。恐ろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル





ちなみに、ISO6400 F4.0

撮影&記事:Tatsuya

Nikon D810での撮影でエラーが出たので修理

Lineスタンプの実写版撮影(モデル : 匠)を行う事になった。

その前夜、Nikon D810のマルチパワーバッテリーパックであるMB‐D12の電池取り出し口から金属片(コマンドダイヤル部辺り)が出てきた。それでも使えていたから、翌日の撮影にも使おう…と思ったのがいけなかったのかもしれない。
こんな事が起きないように純正を買ったのにバカみたい。

撮影後半になってから専用バッテリーもなくなり、充電式乾電池(エネループ)に切り替えて撮影を続行。すると、なぜか数十枚撮影したらバッテリー切れ。
前夜に充電したし、エネループの公称値である1500回も充電した覚えはない。

電池パックを取り出し、再度セットしたらバッテリーがほぼ満タン表示になった。

そしてまた数回シャッターを切ると電池の残量はゼロ。

「壊れたな」と思ったが、撮影をなんとか最後までやって、その足でNikonプラザ新宿へ向かった。





そこで、今回起きた不具合を説明し、Nikonプラザ新宿に常備してあるNikon D810及びマルチバッテリーパック(電池は僕のもの)では問題が起きない事が確認。よって、エネループに異常はない事は結論付けられた。

次に、僕のNikon D810とNikonプラザ側のマルチバッテリーパックでテスト…不具合が確認出来た。

次に、Nikonプラザ側のNikon D810と僕のマルチバッテリーパックで確認…不具合は確認出来ず。

でも、マルチバッテリーパックは内部の部品が外れているので、2つとも修理に出す事になった。

そして、10日ほど経ち、修理金額のお知らせが…

D810
・電子基板の交換
計 ¥34,754

MB‐D12(マルチバッテリーパック)
・電子基板及びコマンドダイヤル部の交換
計 ¥11,664





考えられる原因としては、部品の取れたマルチバッテリーパックを使用して電源ONのまま使い続けた事。(200枚程。熱伝達が過度に行われたのかも)

この修理の約1ヶ月前にNikon D700をオーバーホールに出したから(¥47,498)、痛い出費になった。
しかも、Nikon D810は購入して1年半。
※購入した足でNikonプラザに持ち込み、初期不良点検は済ませてあった。

最近というかNikonは、D700辺りから作りが甘くなっている気がするので、気づきにくい今回の現象(電池残量の減り具合の速さ)だけでも確認しておいた方がいい。

気づけば、「もう修理期間終了したので」と門前払いをくらう日が早々に来るかもしれない。

記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya

ポートレートモデル 匠 -Takumi-

原宿竹下通りのとある飲食店に勤めている匠(たくみ)さん。
ひょんな事からモデル撮影をする事になったのだが、匠さんはモデル初体験。
僕は、素人ポートレート撮影としてなら男性は初体験。

そんな二人が作る写真はどんな形になるのか検討もつかなかった。

でもまあ、今まで女性に対し、遠慮していたポーズや構図を指定しようと…回し蹴りとかなのだが…をメインに撮影。
モデル撮影,ポートレート撮影,男性モデル,原宿,東京,竹下通り,蹴り,キック
飛び回し蹴りなんかは、10回以上やってもらった記憶がある。

作品に参加してもらったり、色々な形で僕の計画?(VR計画とか)に付き合ってもらっている彼なのだが、どうやら彼は彼なりに夢があって、叶いそうな勢いなのだ。羨ましい限り。

撮影&記事:Tatsuya

写真家 Tatsuya