川越市に撮影でやってきた!良い街だった。カメラ壊れたけど

いつもは原宿近辺をウロチョロしているのだが、「川越行きたい!」と唐突に思ったのがキッカケで…というのは話半分で撮影の仕事がてら行ってきたよ

車の通りが激しくてなかなか趣のある写真が撮れなかった

これがかの有名な「時の鐘」ですな。分かりにくいけど、時の鐘の右側に登ってるおじさんにビックリして「何してるんですか?」と聞くと「ここまで登っていいんだよ」と質問と答えが噛み合わず、「そうですか」とだけ答えた…

令和元年の方位吉凶早見表。参考までにどうぞ




 

ローカルバスが止まっていたので写真を撮る時、運転手さんがピースサインしてくれた。色々な人と話ししたけど和やかな街で、もっと好きになった

和服と古い建物のコラボ…いいよねぇ

傘屋さんだったのかな。彩りが綺麗で撮影した。上記2枚はアルバムに掲載する事にした

Landscape,snap…etc

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク

地元鹿児島県の天文館をHDR風に撮影

ストリートポートレート撮影をしながら街中を散歩していた

見慣れた景色を改めてよく見ると「明治の色が濃く残る町並み」だ

そんな風景をHDR風に加工してみた

それだけなのだが、とてもお気に入りの写真になった

市電もずっと運行していてほしい

いつまでも変わらぬ景色であってほしいなと思いながら鹿児島をあとにした

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク




トイカメラ『HOLGA』で二重露光

運動会のカメラマン役を仰せつかった時に、傍らHOLGAで遊んでいた

HOLGAは楽しい。フィルムっていうだけでも、ちゃんと写真が撮れているかどうかも分からないのにピントあまあまのトイカメラ。ちゃんと撮れれている訳がない前提で「見られる写真かな?」と心配にもなる

現像代も高いしね

そんなうちのHOLGA。なんとフラッグシップモデルの「HOLGA 120GCFN」なのだ

Amazon.co.jpならあります

4色のカラーフィルター内蔵フラッシュが付いているだけなんだけど、それでもフラッグシップモデル!
フラッシュの電池を入れ替える場所がフィルムの裏にあるので、フィルムを使い終わらないと電池の入れ替えが出来ないのが大きなデメリットだったりする

今回は、フラッグシップモデルだからこそ備わっているフラッシュは使わずに多重露光をしてみた。撮影中~現像から戻ってくるまでは、もうどんな写真が出来るか分からない状況で一番の楽しみな時間といっていいね

出来上がった写真は、記事トップに掲載している写真だ

どこか大正~昭和の風景を思わせる写真に仕上がった

※匿名で贈る事が出来ます

撮影&記事:Tatsuya

スポンサーリンク